自己破産について

自己破産という選択

債務整理の一種である自己破産についての紹介

新着記事

自己破産について

借金の連帯保証人になってしまって本来支払うべき人が支払えなくなった場合や事業に失敗してしまった、複数社からの借り入れがあるなどの場合借金を返すつもりがあってもあてがないという事態になる場合があります。

あまりにも借金の額が大きすぎて払いきれないという場合です。

そのような場合に借金を減らす、あるいは借金をなくして新たな一歩を踏み出す制度が用意されています。

それが債務整理です。

債務整理には以下のような種類があります。

まずは任意整理です。

これは裁判所などを通さずに債務者、つまりお金を借りた人と債権者、お金を貸した人が話し合って借金の整理をするものです。

通常弁護士や司法書士が手続きを行います。

次に特定調停です。

これは簡易裁判所を通じた手続きです。

これは個人でも申請をすることが可能で費用が少ない場合にも利用することができます。

これらの他には自己破産、個人再生があります。

ここでは債務整理の一種である自己破産について具体的にはどのようなものであるのかまたどのような手順で行われるのか、誰に相談をするのがよいのか、自己破産のメリットとデメリットなどについて詳しく紹介していきたいと思います。